MacのbootcampでWin10アップデートに失敗…Parallels Desktopに救われる!

Parallels Desktop 13(パラレルスデスクトップ13)

Windows10のアップデートできずも、Parallels Desktopに救われる!

普段はMacのbootcampでWin10を使用していました。

先日、Win10のアップデートに失敗。しかもブルースクリーン(青い画面)から復旧できず…参りました(^_^;)

色々と調べて試しましたが全てダメ…

う〜ん、こうなれば潔く諦めてクリーンインストールしかないのか…
と思いましが、最後の手段、ダメもとでParallels Desktop13(パラレルスデスクトップ)を試してみたところ、何と復活!
救われました!m(_ _)m




状況と結論

  1. Mac(OS X El Capitan)のbootcampでWindows10(1511)を使用。
  2. アップデート(1511→1607を飛ばして→1703)を実行。
  3. が、アップデートに失敗。しかも、ブルースクリーン(青い画面)から復旧できず…
  4. bootcamp領域を削除し、クリーンインストしかないのか…と悩みつつも、macOS Sierraにアップデート後、最終的にはParallels Desktop(パラレルスデスクトップ)に救われる。

bootcamp win10のアップデートができず、ブルースクリーン(青い画面)でエラーが出て復旧できない場合、Parallels Desktop13で復活する可能性あり、という内容です。
(あくまでも私の個人的な結果であり、自己責任でお願いします。)

ブルースクリーン(青い画面)のままで復旧できず…

MacのbootcampでWindows10を使用していて、久々のアップデート確認。
そう言えばしばらくしてない…?

調べてみると使用しているWinのバージョンは1511、しかもすでにサポートは終了という状態でした。これはアップデートしなければと思い実行。ところが、上手くいかないんです…

一度目は、更新してシャットダウンすることでアップデートを開始。ところが上手くいかず、途中で更新作業が終わり今まで通りのバージョンに戻ってしまいました。どうやら通常は3回失敗すると旧バージョンへ自動復旧するらしい…

まあ、たまたま失敗しただけで、次は上手くいくだろうと思い、そのままの状態で気にせず使用していました。

再度、シャットダウンし帰ろうとしたところ、再び更新作業を求められたので更新してシャットダウンを選択。するとアップデートを開始するも、やはり失敗。しかも今度は自動復旧せず、ブルースクリーン(青い画面)のままで復旧できず…

ブルースクリーン(青い画面)

参りました…

調べてみると、Win10のISOで復旧するということで何度か試みましたがやはりダメ…

bootcampの場合はさらに特殊なようで…

さらに調べてみたところ、Macのbootcampで使用している場合はさらに特殊なようで…

次の記事によると、

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1053704.html

Boot Camp機能を使ってMacでCreators UpdateのWindows 10 を利用したい場合は、Anniversary Update(Build 14393)をMacにインストールしてからCreators Updateへアップデートしてほしいとしている。

 もしすでにCreators Updateのクリーンインストールを試みてブルースクリーンなどの問題に遭遇している場合は、Macの電源投入時にOptionキーを押し続けてStartup Managerを呼び出し、Windowsのパーティションを削除して、ディスクをシングルボリュームにリストアする必要がある。

それ早く言ってよ〜

思いっきりそのパターンで、しかも正にブルースクリーンなんですけど…

自動ダウンロードのため、Anniversary Update(1607)を飛ばして、勝手に新しいCreators Update(1703)をダウンロード・インストしようとしている、正にダメなパターン…

やはりWindowsのパーティションを一度削除し、クリーンインストールしかないのか…

他に方法は?と諦め切れずさらに調べると、次の記事を発見。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1059884.html

Appleは、macOS Sierra向けアップデート「10.12.5」の配信を開始した。このアップデートによりBoot CampでWindows 10 Creators UpdateのISOから正しくクリーンインストールできなかった問題が解消される。

という内容。

Sierraへバージョンアップすれば変化があるかも?

もしかすると、macOS Sierraへバージョンアップすれば何か変化があるかもと思い実行。
(ちなみに、最新のmacOS High Sierraだと、またbootcamp上で問題が発生しているようなので、とりあえずOSはSierraまでのアップデートにしました。)

復旧できない状態でも、ブルースクリーンで電源ボタンを長押でシャットダウン。
再度、電源ボタンを押してすぐにoptionキーを押すとMacか(bootcamp上の)Win10を選択する画面が出て来て、Macを選択することで通常通りMacが起動します。

macOS Sierraにバージョンアップは成功。さらにアップデートをかけて、再度、bootcamp上のWindows10を起動。

でも、やはりダメでした。画面は再び、青く光る画面のままで…

やっぱりダメか…

でも、どうせクリーンインストールするなら、もう一つ…




Parallels Desktop 13に救われる

MacでWinを使用する場合、bootcampを利用する方法と、有料ですがもう一つ、Parallels Desktopを利用する方法があります。
さらに、このParallels Desktopには、bootcamp領域をそのままMacで使用する方法もあるのです。

最後はダメ元で、これを試してみるか…

と思い、Parallels Desktop13の14日間無料のトライアル版を試してみました。

ダウンロード後にインスト画面に移り、この際にbootcamp領域を使うかどうかの選択画面になるので、bootcamp領域をそのまま使うように選択します。

すると、そのままParallelsDesktop13で、bootcamp領域で使用していた従来のWin10が復活!

助かりました〜\(^o^)/

バージョンはそのまま従来からの1511のため、再度アップデートが必要ですが、Parallels Desktopインスト後は、普通にアップデートが完了しました。

今では普通に、何も問題なくWin10(1709)を使っています。

いちいちシャットダウンして切り替える必要もなくなり、やはり便利ですねParallels Desktopは。しかもbootcampを利用していると『乗り換えアップグレード版』でもOK!
お得ですよ〜

ちなみに、Windows10のバージョン情報は、

Microsoftは、2015年11月に提供を開始したWindows 10における2番目のバーション「1511」のサポートを10月10日に終了し、セキュリティ更新プログラムの提供を終了する。

Windows 10の機能更新プログラムは、2015年11月のバージョン「1511」に続き、2016年8月に「Windows 10 Anniversary Update」と呼ばれるバージョン「1607」(開発コードネーム「Redstone 1」)、2017年4月に「Windows 10 Creators Update」と呼ばれるバージョン「1703」(開発コードネーム「Redstone 2」)が提供されている。今秋には、バージョン「1709」と見られる「Windows 10 Fall Creators Update」(開発コードネーム「Redstone 3」)が提供予定。

になります。

パラレルス Parallels Desktop 13 for Mac Box Com Upg JP(PDFM13L-BX1-CUPFUJP) 目安在庫=○[メール便対象商品]

価格:5,859円
(2017/12/8 23:22時点)
感想(0件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする